100マスの罪

 あるお母さんのため息です。
4月になって先生が替わって100マス計算ばかりさせられるようになり、宿題もそれ一色です。今まで出来ていたことも出来なくなりそうです。」
その先生いわく「この子どもさんに無理をさせたらいけませんから。」だそうです。
それは、子どもさんにではなく「自分に無理をさせたらいけないから」じゃないんだろうか。
障害児学級を持っているのだから、プリントぐらい自分で作れといいたいです。
子どものことを思っている先生は全部ではないにしろ自分でプリントを作っていると思います。
でないと、子どものニーズに合わせた指導などできないですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うーくん
2006年08月01日 22:48
こんにちは! 
学校で無理なことをさせられるのは辛いことですよね。
先生も子供に何をしてあげたらいいのか分からないときもあるのではないでしょうか?
お母さんと先生で、よく話しあって 今してほしいことをお話ししてみたらどうでしょうか?
4月~探り探りやっている間に またすぐに次の年になって先生も変わってしまいます。 
とてももったいない時間だなあと思います。
管理人
2006年08月02日 14:14
 そうですね、うまくお話し合いができればいいのですが、現実は厳しいものがあるようです。その先生は普通クラスの学級経営がうまくいかずはずされた先生らしくて、何か自分が工夫して子どもに還元しようという考え方は今のところ持てないようです。
 そうはいっても、お話し合いを続けていくしか方法はないのでしょうが。

この記事へのトラックバック