軽度発達障害児はなぜ学習につまずくのか(国語編)

 発達障害児をおもちの保護者の方々や日々教室などで指導していらっしゃる方の一番の関心事は「この子どもがなぜ学習につまずくのか」「どうやれば勉強できるようになるのか」という問いだと思います。
 今回は、前回6月17日に行いました算数編にひき続きまして、国語の学習のつまずきに焦点を当ててお話しします。
 前半は幼児期からの言葉の後れとコミュニケーション能力の弱さという観点からつまずきの原因に焦点を当てます。またそこから見えてくる問題の解決策についてもお話しします。
 後半はこの子どもたちを教えて20年余という経験の中からの実践例をお話しします。

日時:平成24年11月7日 14:00~18:00

場所:岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(通称「ゆうあいセンター」)
    大会議室

演題:言葉とコミュニケーション能力を伸ばす津田メソっド

講師:津田 誠一(遊びを育てる学校校長・発達・学習研究会代表)

演題:国語の力を伸ばすには
    実践を通して見えてきたもの

講師:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)


主催:発達・学習研究会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック