心的数直線の形成について

どのような形で存在するのか
 これから書く事は全くの私的な考えであることをお断りしておきます。
 幼児期における心的数直線がどういう形で存在しているかということを探ることは軽度発達障がい児の数の概念指導を考える上で一つのヒントを与えてくれるものと考えます。
 ここで私が注目しているのが、子ども達に「どちらが多いでしょうか。」と数の多さを聞いた時に、まだ数の概念が発達していないと思われる子ども達の答えが「こちらの方が大きい」と答えることがあるということです。
 これはただ単にその時期の子ども達が「多い」「少ない」という言葉を獲得していないということもできますが、この時の子ども達の頭の中には、一つ一つの数が区切られた形ではなく、一つの数の塊のような形で存在しているのではないかと思うのです。
 例えば、3という数は1が3つあつまった1の集合体として認識されているのではなくて、3というひとかたまりとして認識されているのではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック