倉敷中央高校でお話しさせていただきました

 本日(8月30日)県立学校人権教育サポート事業ということで「軽度発達障害児の考える力を付ける学習支援~作文指導と算数の文章題指導~」と題して倉敷中央高校で先生方約60人に対してお話をさせていただきました。
 今回お話ししました内容は主に小学校低学年の指導を対象にしましたお話でしたので、直接的にはお役に立てなかったかもしれません。
 ですが、高校の生徒さんの中にも「濃度の問題を理解しにくい」「提出物がなかなか出せない」などの方もごくまれにいらっしゃるようで、色々と対策をお考えのようでした。
 そういった点をお考えいただくには少しは参考になったものと思います。

講演会を開きます

軽度発達障害児の考える力をつける学習支援
~作文指導と算数文章題指導~

 社会の中で生きていくためには「考える力」が必要です。岡山D&Lスクールでは「考える力」をつけるために試行錯誤を続けながらさまざまな指導を行って参りましたが、現在ではそのための指導として作文指導と算数の文章題の指導に特に力を入れています。
 今回はこの指導の前段階としての読み書きの基本的指導から作文指導までの一連の指導法についてお話しをさせていただきます。



日時:平成25年6月19日(水) 9:30~12:00

場所:岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階 研修室
   岡山県岡山市北区南方2丁目13-1 TEL. 086-231-0532

講師:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)

演題:考える力をつける学習支援

主催:発達・学習研究会

電話:086-256-0630

後援:岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

講演会を開きます

 下記の要領で講演会を開きます
日時:平成25年6月19日(水) 9:30~12:00
場所:岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階 研修室
   岡山県岡山市北区南方2丁目13-1 TEL. 086-231-0532
講師:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)
演題:考える力をつける学習支援
主催:発達・学習研究会
電話:086-256-0630
後援:岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

入学・新学期直前無料相談

 春・秋と毎年行っています無料相談会下記の要領で春の無料相談会を開きます。一人で悩まないでご相談ください。
 言葉の遅れ、字がなかなか書けない、何となく落ち着きがない、何回ドリル練習をしても漢字が覚えられない、計算はできるのに文章題が理解できない。教科書は読めているのに内容把握ができていない。まじめに勉強しているのになかなか成績が上がらない。軽度発達障害児の子どもさんはもちろんのこと通常の発達をしているお子さんの中にもかなりいらっしゃいます。
 こういったお子さんをおもちで悩んでいらっしゃる保護者のみなさんご相談ください。ご相談の中からお子さんのつまずきの原因を発見し、そのお子さんにとってのベストの学習方法を見つけます。お子さんにとってよい方向がきっと見つかります。
日 時:3月4日から3月15日まで
場 所:岡山D&Lスクール
約一時間程度
ご相談内容については秘密厳守いたします。安心してご相談ください。
申し込みはお電話かメールでお受け致します。
電話 086-256-0630
dlschool@mue.biglobe.ne.jp

ありがとうございました

 先週まで2週間にわたり無料相談会を開きました。
新聞にご紹介いただきましたこともあり、予想以上の方からの相談を承りました。ありがとうございました。
 20年前指導していた方からの連絡もいただけたりと本当にありがたい2週間でした。
 個別には無料相談受け付けていますので、ご遠慮なく連絡いただければと思います

無料相談会期間延長します

 新聞にご紹介していただきまして以来お問い合わせ相談が次々と来ております。
そこで無料相談会期間を下記の通り延長します。

期間
2月8日までとします。

お問い合わせ先等はかわりありません。

場 所:岡山D&Lスクール

約一時間程度

ご相談内容については秘密厳守いたします。安心してご相談ください。

申し込みはお電話かメールでお受け致します。

電話 086-256-0630

Mail dlschool@mue.biglobe.ne.jp

臨時無料相談会のお知らせ

 山陽新聞に記事を載せていただきましてからお問い合わせのお電話いただくことが増えました。電話でのお問い合わせでは込み入った内容のお話しができません。直接お目にかかってお話しをさせていただいた方が良いのではないかと思い相談会を開くこととしました。
 頑張っているのになかなか学力が向上しないお子さんをおもちで悩んでいらっしゃる保護者のみなさんご相談ください。ご相談の中からお子さんのつまずきの原因を発見し、そのお子さんにとってのベストの学習方法を見つけます。お子さんにとってよい方向がきっと見つかります。

日 時:1月28日から2月1日まで

場 所:岡山D&Lスクール

約一時間程度

ご相談内容については秘密厳守いたします。安心してご相談ください。

申し込みはお電話かメールでお受け致します。

電話 086-256-0630

Mail dlschool@mue.biglobe.ne.jp

軽度発達障害児はなぜ学習につまずくのかー文章題の理解の悪さは言葉の遅れが原因―

 発達障害児をおもちの保護者の方々や日々教室などで指導していらっしゃる方の一番の関心事は「この子どもがなぜ学習につまずくのか」「どうやれば勉強できるようになるのか」という問いだと思います。
 私たちはこのつまずきの原因は幼児期における言葉の遅れが原因と考えています。当日はこの言葉の遅れと学習のつまずきについて発達心理学の観点を取り入れながらお話をします。また、この解決策についてもお話しします。
 


日時:平成25年2月20日 14:00~17:00

場所:岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(通称「ゆうあいセンター」)
    研修室

演題:言葉とコミュニケーション能力を伸ばす津田メソッド

講師:津田 誠一(NPO法人遊育・遊びを育てる会理事長・発達・学習研究会代表)

司会・コメンテーター:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)

主催:発達・学習研究会
 住所:岡山市北区津島南1-1-4
 電話:086-256-0630

後援:岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

秋の無料相談

 運動会等の行事も終わり、落ち着いて勉強できる時期を迎えました。
 言葉の遅れ、字がなかなか書けない、何となく落ち着きがない、何回ドリル練習をしても漢字が覚えられない、計算はできるのに文章題が理解できない。教科書は読めているのに内容把握ができていない。まじめに勉強しているのになかなか成績が上がらない。軽度発達障害児の子どもさんはもちろんのこと通常の発達をしているお子さんの中にもかなりいらっしゃいます。
 こういったお子さんをおもちで悩んでいらっしゃる保護者のみなさんご相談ください。ご相談の中からお子さんのつまずきの原因を発見し、そのお子さんにとってのベストの学習方法を見つけます。お子さんにとってよい方向がきっと見つかります。

日 時:11月12日から11月16日まで

場 所:岡山D&Lスクール

約一時間程度

ご相談内容については秘密厳守いたします。安心してご相談ください。

申し込みはお電話かメールでお受け致します。

電話 086-256-0630

Mail dlschool@mue.biglobe.ne.jp

軽度発達障害児はなぜ学習につまずくのか(国語編)

 発達障害児をおもちの保護者の方々や日々教室などで指導していらっしゃる方の一番の関心事は「この子どもがなぜ学習につまずくのか」「どうやれば勉強できるようになるのか」という問いだと思います。
 今回は、前回6月17日に行いました算数編にひき続きまして、国語の学習のつまずきに焦点を当ててお話しします。
 前半は幼児期からの言葉の後れとコミュニケーション能力の弱さという観点からつまずきの原因に焦点を当てます。またそこから見えてくる問題の解決策についてもお話しします。
 後半はこの子どもたちを教えて20年余という経験の中からの実践例をお話しします。

日時:平成24年11月7日 14:00~18:00

場所:岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(通称「ゆうあいセンター」)
    大会議室

演題:言葉とコミュニケーション能力を伸ばす津田メソっド

講師:津田 誠一(遊びを育てる学校校長・発達・学習研究会代表)

演題:国語の力を伸ばすには
    実践を通して見えてきたもの

講師:田口 貴春(岡山D&Lスクール代表)


主催:発達・学習研究会

発達障害児はなぜ学習につまずくのか

 軽度発達障害児やその周辺の子どもたちは学習の遅れをかかえていることがほとんどです。こういった子どもたちは本人の努力に対して評価は非常に低いものになりがちです。でもこの子どもたちは怠けているわけではありません。
 子どもたちの様子を注意深く観察していると何がつまずきの原因となっているのか見えてきます。つまずきの原因が分かれば彼らへの支援の仕方も見えてきます。
 今回は、子どもたちがどういった点でつまずきやすいのか、またその支援の方法はどのようなものがあるのか、事例を交えながらお話をします。


演 題 軽度発達障害児その学習のつまずきと指導
つまずきの原因が分かれば指導は楽に行えます
講 師 田口 貴春氏(岡山D&Lスクール)
日 時 2012年7月11日(水)9:30~11:30
場 所 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
(通称「ゆうあいセンター」)
TEL. 086-231-0532
申し込み  必要ありません
参加費   無料
対象    保護者・その他関心のある人
問い合わせ 下記事務所へ
主  催  発達・学習研究会
住  所  岡山市北区津島南1-1-4
電話番号  086-256-0630
後  援  岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

なぜ学習につまずくのか(算数編)

第三回 遊育・遊びを育てる学校講演会
 軽度発達障害児やその周辺の子どもたちは様々な困難さを抱えていますが、その中でも、教科学習における学習の遅れはその最たるものの一つと言えます。
遊育・遊びを育てる学校校長津田誠一は、今までの30年に及ぶ長年の指導の中で様々なアプローチを行って参りました。その指導の中で、学習のつまずきの原因の多くの部分を占めているものとして学習レディネスの不足があると思っております。
 これらのつまずきを生んでいる根本的な要因が「こだわり」「転導性」です。学習のつまずきの解消には、この「こだわり」「転導性」の抑制が最優先課題となります。
 日本では、この「こだわり」「転導性」の抑制方法が確立されていないと言っても過言ではありません。遊育・遊びを育てる学校では、発達・学習研究会の活動からかぞえて約30年の指導の実績の中で、「こだわり」「転導性」の抑制方法を確立しております。「こだわり」「転導性」を抑制することによって、「苦手な学習を克服できた」「学習に粘りが出てきて苦手な科目もがんばって取り組むようになった」「家庭学習・宿題も自ら進んで取り組むようになった」「長い間集中して学習に取り組むようになった」等々の成果が出ています。
 今回は、これらの土台作りの次の段階として教科学習の中の算数のつまずきに焦点を当ててお話をさせていただきます。

演 題 算数のつまずきを無くするレディネス指導
講 師 津田 誠一(遊育・遊びを育てる学校校長)
演 題 数、計算、文章題、それ以前のこと
講 師 田口 貴春氏(岡山D&Lスクール)
日 時 2012年6月17日(日)14:00~17:00
場 所 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
(通称「ゆうあいセンター」)
TEL. 086-231-0532
申し込み  必要ありません
参加費   無料
対象    保護者・その他関心のある人
問い合わせ 下記事務所へ
主  催  NPO法人遊育・遊びを育てる会・遊育・遊びを育てる学校
住  所  岡山市北区津島南1-1-4
電話番号  086-256-0630
後  援  岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

ダイナミック遊び体験してみませんか

 子どもさんがこだわり・転導性・他動傾向を抱えてお困りの方
子どもをこだわり・転導性・他動傾向から解放したい方
ダイナミックな遊びでこだわり・転導性・他動傾向から解放されます
当岡山D&Lスクールスーパーバイザーの津田誠一氏(NPO法人遊育・遊びを育てる会理事長・遊育遊びを育てる学校校長)は、約30年以上の年月をかけて研究実践を重ね軽度発達障害児のこだわり・転導性を抑制する方法を確立しました。
 これらのことは、算数・国語などの教科学習や社会性・人間関係をスムーズに行うため、また言葉の発達やコミュニケーション能力の土台となるものです。これらのこだわりや転導性を抑制することにより、子どもたちがすばらしい伸びを見せております。
例えば
「行動の激しさが軽減されてきた」
「集中力がついてきた」
「仲間とよく遊ぶようになってきた」
「言葉数が増えてきた」
「勉強の仕方がわかりかけてきた」
「苦手な学習が克服できた」
「学習に粘りが出てきて苦手な科目にも取り組むようになってきた」
「家庭学習・宿題にも進んで取り組むようになってきた」
「長時間集中して物事に取り組めるようになってきた」
等々のうれしいお話を保護者のかたから伺っております。
 日本では、この「こだわり」「転導性」の抑制方法はまだ確立されていないといっても過言ではありません。保護者や専門家の長年の念願であったこの抑制方法が確立されたことは喜ばしいとともに軽度発達障害児の関係者にとっては朗報です。

入学・新学期直前無料相談

 言葉の遅れ、字がなかなか書けない、何となく落ち着きがない、何回ドリル練習をしても漢字が覚えられない、計算はできるのに文章題が理解できない。教科書は読めているのに内容把握ができていない。まじめに勉強しているのになかなか成績が上がらない。軽度発達障害児の子どもさんはもちろんのこと通常の発達をしているお子さんの中にもかなりいらっしゃいます。
 こういったお子さんをおもちで悩んでいらっしゃる保護者のみなさんご相談ください。ご相談の中からお子さんのつまずきの原因を発見し、そのお子さんにとってのベストの学習方法を見つけます。お子さんにとってよい方向がきっと見つかります。

日 時:2月13日から2月17日まで

場 所:岡山D&Lスクール

約一時間程度

ご相談内容については秘密厳守いたします。安心してご相談ください。

申し込みはお電話かメールでお受け致します。

電話 086-256-0630

Mail dlschool@mue.biglobe.ne.jp


遊育・遊びを育てる学校 第2回 講演会

遊育・遊びを育てる学校 第2回 講演会

 これまで遊育・遊びを育てる会(前身の発達・学習研究会を含む)では、約30年間にわたって軽度発達障害児の指導に携わってきました。その30年にわたる活動の中で、『学習レディネス指導』、『学習レディネス前レディネス指導』という方法を確立してきました。この手法を用いて指導をすることによって、「行動の激しさが軽減されてきた」「集中力がついてきた」「言葉数が増えてきた」「勉強の仕方がわかりかけてきた」とのうれしい反応を保護者の方および子どもさんからいただくようになりました。
 私どもはこの指導方法に対して自信を深めてまいってきているところです。しかし残念ながら、まだまだ皆さんに知っていただくまでにはなっていません。そこでこのたびこの指導法を広く知っていただき、実践をしていただくために講演会を開催することとなりました。
 前半は田口氏に「学習レディネス指導」による学習指導の考え方と指導の実際についてお話しいただきます。また後半では津田から、学習レディネス前レディネス指導という考え方にたった指導についてお話しします。

1.軽度発達障害児の学習レディネス
(学習レディネスは学習を進めていく上でその前に獲得しておくべき能力です)
講師 田口 貴春氏(岡山D&Lスクール代表)
2.遊びを育てる学校とは
(学習レディネス前レディネスはあらゆる学習を支えている根本的な能力です)
講師 津田 誠一(遊びを育てる学校長)
日 時 2012年3月11日(日)14:00~17:00
場 所
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
(通称「ゆうあいセンター」)
TEL. 086-231-0532 / FAX. 086-231-0541
申し込み  必要ありません
参加費   無料
対象    保護者・その他関心のある人
問い合わせ 下記事務所へ
主  催  NPO法人遊育・遊びを育てる会・遊育・遊びを育てる学校
住  所  岡山市北区津島南1-1-4
電話番号  086-256-0630
後  援  岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

第1回 遊育・遊びを育てる学校 講演会

日 時 平成23年11月20日(日) 14:00~17:00
場 所 ゆうあいセンター 大会議室
    (岡山市北区南方2丁目13-1
     岡山県ボランティア・NPO活動支援センター 2F)
演 題 「ことば・コミュニケーション能力を高める津田メソッド」
講 師 津田誠一(遊育・遊びを定てる学校 校長
        NPO法人 遊育・遊びを育てる会 理事長)
目 的 「遊育・遊びを育てる学校」は、人間関係作りやコミュニケーションの苦手な定型発達児や軽度の発達障害児を対象に、遊びを通して社会性の獲得や学習の土台作りができることを目的に活動しています。30年間こうした活動に携わり実績を積んできた津田校長より、遊びを通して培われるコミュニケーション能力について、理解を広めることを目的に開催します。
対 象 保護者、教師、保育士、その他発達障害に関心のある人
参加費 無料
申込み 不要
問合せ 津田誠一 TEL086―256-0630
主催  NPO法人遊育・遊びを育てる会・発達学習研究会
後援  岡山市教育委員会・岡山市社会福祉協議会

考える力を伸ばす一行作文指導

 軽度発達障害児の学習を指導していく上で基本的な問題点として避けて通れないのが「ことばの遅れ」の問題です。そしてその次に問題となってくるのが「作文が書けない」ということです。
 このことは、単に作文が書けないと言うことに留まらず、「考える力が弱い」ということにもつながってきます。逆に言えば、作文指導を行うことで考える力も伸びてくるということです。
 今回夏休みの特別指導として、岡山D&L スクールの今まで培ってきたノウハウを駆使して、4 回にわたって、このことばの問題と作文指導の2 点に焦点を合わせた指導を下記の要領で行うことにしました。
 夏休みの課題の日記書きや感想文でお悩みの方、この機会に是非ご参加ください。

指導形態: マンツーマン指導

対象: 小学生

日時: 4 回 一回1時間( 日時については相談して決定します)

募集人員: 数名

料金: 10 0 0 0 円
入会金: 無し

カリキュラム
1 日目 ことばの幹を太くしよう
2 日目 一行作文を書いてみよう
3 日目 色々な作文を書いてみよう
4 日目 少し長い作文を書いてみよう

※ カリキュラムはお子さんの状態に応じて変えます

申込先:岡山D&L スクール
岡山市津島南1 - 1 - 4

TEL 086-256-0630
E-mail dlschool@mue.biglobe.ne.jp

電話かメールにてお申し込みください。

岡山D&Lスクール

学力不振のお子さん募集

学力不振の子どもさんの指導させていただきます

 今までも親御さんのご要望にお応えして学力不振の子どもさんも指導して参りました。
 この4月から指導の対象を広げ正式に学力不振の子どもさんの指導させていただくことになりました。
 指導の形、料金とも他のお子さんの指導と同じです。